SAML シングルサインオンをオフにする

SAML SSO フェデレーショ設定を消去する

必要な場合、CertCentral アカウントの SAML シングルサインオン(SSO)をオフにすることができます。

SAML SSO をオフにする:

  • すべての SSO フェデレーション設定を消去します。
  • CertCentral アカウントパスワードを作成するまで、SAML SSO 専用ユーザ^がそのカウントにアクセスするのを防止します (「次の操作」を参照してください)。

お使いのアカウントについて SAML SSO を構成した場合(すなわち、オンにした)場合のみ、「SSO をオフにして設定を消去する」 が表示されます。

フェデレーション設定を消去

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[設定] > [シングルサインオン]の順でクリックします。

  1. [シングルサインオン (SSO) ]ページで、[フェデレーション設定を編集する]をクリックします。

  1. フェデレーション設定ページで、「SSO をオフにして設定を消去する」 をクリックします。

  1. 「SSO をオフにして設定を消去する」 ウインドウで、情報を読み、フェデレーション設定消去の意味を理解したことを確認します。

当社では、フェデレーション設定を保存していません。フェデレーション設定を消去すると、元に戻すことはできません。

  1. 準備ができたら、「SSO をオフにして設定を消去する」 をクリックします。

次の操作

お使いのアカウントでは、SAML シングルサインオンはオフになっています。CertCentral アカウントパスワードを作成するまで、SAML SSO 専用ユーザーは、そのアカウントにサインインすることはできません。

パスワードセットアッププロセスを開始する

SAML SSO 専用ユーザー向けのパスワードセットアッププロセスを開始するには、各 SAML SSO 専用ユーザーアカウントを編集し、SAML SSO 専用制限を解除します。変更を保存した後、CertCentral アカウントの資格情報のセットアップと、CertCentral アカウントへのサインイン方法の記載したメールが届きます。「SAML SSO 専用または SAML SSO アカウントユーザーを変換する」 を参照してください。

SAML SSO をオンにするか復元する