サブアカウント管理

サブアカウントは、トップレベル「親」CertCentral アカウントにリンクされ、また同アカウントが管理する CertCentral アカウントです。サブアカウントでは、再販業者またはその他組織がユーザーに CertCentral アカウントおよびその証明書管理プロセスの個別管理させることができ、同時に、お客様、「親」アカウントが製品の価格設定や請求を管理することができます。

サブアカウントは、顧客・ビジネス関係またはその他関係で、お客様がサブアカウントによるオーダーの製品価格や請求の管理が必要な顧客・ビジネス関係またはその他関係向けに特別作成されたものです。

サブアカウント

サブアカウントは、CertCentral で各自の "個別" CertCentral アカウントが必要なユーザーおよび組織の管理向けツールです。サブアカウントは、アカウントへの請求および価格設定の管理が必要な場合に使用します。

お使いのアカウントは、サブアカウントについて限定管理オプションにより、作成するサブアカウントの「親」となります。サブアカウントでは、各自のユーザー、ユーザー権限、ドメイン、組織、証明書オーダーなどの管理を行います。

「親」は、以下のような特定オプションを設定することができます。

  • タイプ (リテール、エンタープライズ、再販業者) の設定によりサブアカウントで利用できる CertCentral 機能のプライマリセットの管理。
  • サブアカウントの製品の価格設定と可用性の設定。
  • サブアカウントへの請求方法の選択。サブアカウントは、各自のオーダーについて支払いができ、また支払いを親に請求することができます。
  • サブアカウントの登録先である組織と連絡先情報の提供。
  • サブアカウントが行ったオーダーを表示でき、サブアカウントが生成した収益を表示できます(が、オーダー変更やアクセスまたは証明書ダウンロードを直接することはできません)。

サブアカウントのユーザー、オーダー、管理グループ、ドメイン、および組織など、他の機能とアカウント履歴はすべて、親で表示、編集または管理することはできません。例えば、「親」は、サブアカウントユーザーを表示または修正することはできません。

サブアカウントには、リテール、エンタープライズ、パートナーおよびマネージド (API 専用アクセス) の4つのタイプがあります。各アカウントタイプには、その各タイプで利用可能な CertCentral 機能の各種セットが付属しています。

マネージドサブアカウント は、既存のユーザーポータルへの統合を目的とするAPI 専用アカウントで、親は、証明書のダウンロード機能など、いくつかの追加管理が可能になります。

管理グループ

管理グループ は、ユーザーと組織を管理する CertCentral の別ツールです。顧客または組織ユーザーに CertCentral ログインを許可する、およびユーザー権限による各アカウントアクセスを許可する場合は、管理グループが適切なツールです。

管理グループにできるかぎり自由裁量権を与え、ユーザーの作成と管理権、権限、ドメインおよび組織を管理することができます。視認性が高く、ユーザー、オーダー、設定および管理グループの活動履歴をお使いのアカウントで管理できます。

各管理グループは、各自が資金を有することで、その証明書のみ支払うことができます。

サブアカウントはいつ使用するのですか?

サブアカウントと管理グループの主な違いは、価格設定と請求管理です。サブアカウントでは、製品価格と製品可用性をカスタマイズでき、各オーダーをサブアカウントまたは親に請求することができます。価格設定および請求管理が必要ない場合は、管理グループを使用します。


以下の質問のいずれかで答えが「はい」の場合、サブアカウントを使用します。

  • お客様は CertCentral プラットフォームを顧客への製品としている再販業者またはサービスプロバイダーですか?「はい」の場合は、エンタープライズタイプのサブアカウントを使用してください。
  • お客様は、再販業者またはサービスプロバイダーで、独自の顧客または再販業者ネットワーク (別称 サブ再販業者) を保有し、CertCentral アカウントを顧客やオーダーの管理に使用していますか?「はい」の場合は、再販業者タイプのサブアカウントを使用してください。
  • お客様は、再販業者またはサービスプロバイダーで、各顧客ポータルがその顧客側で、CertCentral UI 直接ではなく、各自が直接オーダーを管理したいと考えていますか?また、お客様の顧客中のいずれかまたはすべてが製品の価格設定または製品可用性をカスタマイズしていますか?「はい」の場合、マネージドタイプのサブアカウント を使用してください。

以下の質問のいずれかで答えが「はい」の場合、管理グループを使用します。

  • お客様は、複数部署または部門(個別事務所や子会社など)を有する組織で、各部門が自由に各自の証明書をオーダーおよび管理することを希望していますか?また、各管理グループは、お客様のアカウントに請求していますか、または各自の証明書に請求していますか?
  • 証明書が別の関連のない顧客に所属するアカウントを管理し、それらが各自の証明書を管理し、そのオーダー詳細と認証データを個別にすることを希望していますか?

トピック