サブアカウントを作成および構成する

開始する前に

開始する前に、前提条件を満たしているかを確認してください。

  • サブアカウントのしくみを理解している。サブアカウントの導入 では、サブアカウントまたは管理グループはどのようなときに使用するのが適切かについて説明しています。アカウントマネージャに相談し、サブアカウントがお客様のニーズに対応しているかを確認します。
  • お使いのアカウントでサブアカウントが有効になっている。サブアカウントの4つのタイプすべてをお客様が利用できるわけではありませんので、注意してください。作成を希望するタイプが欠けている場合は、アカウントマネージャに連絡してください。
  • 管理者として CertCentral にサインインしている。他のユーザーロールはサブアカウントを作成できません。

サブアカウントを作成

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[サブアカウント]の順でクリックします。

  2. [サブアカウント]ページで、[サブアカウントを作成する] をクリックします。

    また、お客様は メール招待 を送信することもできます。

  3. サブアカウントを作成する]ページで、サブアカウントのアカウント情報を入力します。

    1. サブアカウントタイプ
      ]を選択します。注意:
      サブアカウントを作成したら、アカウントマネージャに連絡してそのタイプを変更する必要があります。
      以下の3つのサブアカウントタイプのみ、CertCentral で作成することができます。このページを参照して、マネージドサブアカウントを作成します
      1. リテール
        ユーザーに CertCentral リテールアカウントを提供します。証明書数個のみを有し、複雑な証明書管理やアカウント管理機能が必要ないユーザーが対象です。CertCentral 機能をすべて、リテールアカウントで利用できるわけではありません。
      2. エンタープライズ
        ユーザーに CertCentral エンタープライズアカウントを提供します。親アカウントで利用できる機能はすべて、このサブアカウントで利用できます。
      3. 再販業者
        ユーザーに CertCentral パートナーアカウントを提供します。お客様のユーザーが証明書再販業者である場合は、このタイプを選択します。親アカウントで利用できる機能はすべて、このサブアカウントで利用できます。
    2. アカウントマネージャ (オプション)
      このサブアカウントを管理する CertCentral ユーザーを選択します。
      デフォルトでは、お使いのアカウントのすべての管理者がすべてのサブアカウントを管理できます。他のユーザーロールによるこのサブアカウントの管理を許可するには、同権限(ロール)をアカウントマネージャとして設定します。管理者は随時、この変更ができます。
    3. このサブアカウントによる以下のタイプのサブアカウントとの作成を許可する
      作成しようとしているサブアカウントは、各自管理できるサブアカウントを作成することができます。
    4. サブアカウント連絡先
      このサブアカウントの登録先であるユーザーの連絡先情報を入力します。
    5. 組織詳細
      このサブアカウントの登録先である組織情報を入力します。
    6. 製品請求
      注意:サブアカウント請求設定は、サブアカウントに割り当てられた契約がないかぎり、作成後で変更することができます。
      1. サブアカウントに請求
        サブアカウントが行ったオーダーは、サブアカウントが請求し、支払います。
      2. アカウント名 に請求
        サブアカウントが行ったオーダーは、お使いのアカウントが請求し、支払います。
        1. サブアカウントの子にサブアカウントに強制請求
          このサブアカウントが作成したサブカウントで、お使いのアカウントに請求します。
        2. 通貨
          サブアカウントの価格設定が優先通貨で表示されます。これが影響を及ぼすのは、サブアカウントに表示された価格のみですので、注意してください。親アカウントには、そのままその設定通貨で請求されます。
        3. 製品の価格設定
          デフォルトの価格設定を使用します。サブアカウントは、CertCentral のすべての製品向けの標準価格を受け取ります。
          価格設定をカスタマイズする:お客様は製品ごとにサブアカウント独自の価格設定を提供することができます
      3. 製品
        このサブアカウントにどの製品を利用できるか、および価格設定のカスタマイズを選択し、各製品ごとに独自の価格設定を設定した場合に選択します。これは後で変更が可能です。

次の操作

DigiCert は、アカウント資格情報 (例. パスワード) をセットアップするリンクと方法をあわせて、サブアカウントレンr無く先にメールを自動送信します。

サブアカウントページで、サブアカウントのすべてを管理することができます。組織名をクリックして、サブアカウント詳細を編集、請求設定、製品の価格設定および製品可用性を変更します。

サブアカウントが行ったオーダーを表示するには、サブアカウントオーダーページに移動します。サイドバーメニューで、 [サブアカウント >オーダー] に移動します。