サブアカウント招待状を送信する

サブアカウントの連絡先情報をすべて自身で入力する代わりに、各自のサブアカウントを作成するリンクが付いた招待をユーザーに送信します。ユーザーが招待を完了すると、すぐにサブアカウントにサインインして、製品のオーダーを開始できます。

招待により作成されたサブアカウントは自動的に、デフォルトの CertCentral 価格設定で、自己請求に設定されます (サブアカウントに請求)。サブアカウントの作成後、契約がそのサブアカウントに割り当てられていないかぎり、そのサブアカウントの請求および価格設定を変更することができます。このユーザーがアクセスする前に、これらの背呈を構成する場合、招待ではなく、[サブアカウントを作成する]オプションを使用します。

招待の送付

ユーザーのメールアドレスとサブアカウントタイプを追加します。ユーザーには、連絡先と組織情報を記載して、そのアカウントを完了するリンクが記載されたメールが送信されます。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[サブアカウント] に移動します。

  2. [サブアカウント]ページで、[サブアカウントを招待する] をクリックします。

  3. サブアカウントを招待する]ウインドウで、

    1. 招待送信先のメールアドレスを入力します。
    2. サブアカウントタイプ を選択します。サブアカウントが作成されたら、アカウントマネージャに連絡し、別のタイプに変更する必要があります。
    3. メールアドレスにメッセージを含める場合は、「カスタムメッセージを送信する」にチェックを入れます。
  4. 招待を送信する]をクリックします。

次の操作

DigiCert はユーザーに、その CertCentral サブアカウントを作成するリンクが記載されたメール招待を送信します。ユーザーは、アカウント作成を完了するには、連絡先情報、組織情報を提供し、ユーザー名とパスワードを作成する必要があります。

完了したら、CertCentral サブアカウントが自動作成され、ユーザーは製品のオーダーとアカウントの管理を開始できます。

招待は30日後に自動的に有効期限が切れます。

サブアカウントを管理

招待を管理する] ページで、招待のステータスにチェックを入れ、招待を再送またはキャンセルし、招待送信者を確認するなどします。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[サブアカウント] に移動します。

  2. サブアカウント]ページで、[招待を管理する]をクリックし、送信されたサブアカウント招待を確認します。

  3. 招待の詳細を表示するには、[ステータス]をクリックします。