自動証明書更新

証明書オーダープロセス中、証明書の有効期限が切れる30日前に自動更新できる[自動更新] オプションがあります。後で変更しようと思った場合、この設定は、証明書発行後で更新することができます。オーダーの [オーダー#] 詳細ペインを開き、証明書オーダーの [自動更新] にチェックを入れます(またはチェックを外します)。

自動更新中断を防止する

自動更新 は、元々オーダーを行ったユーザーにその証明書の更新権限がない場合に無効になります(例. アカウントから消去された、など)。このような 自動更新 中断を防止するため、DigiCert は、管理グループの自動証明書更新オーダーにデフォルトで 自動更新ユーザー のセットアップをお勧めします。お使いのアカウントで管理グループを使用していない場合、お使いのアカウントでは、デフォルトで自動更新ユーザー をセットアップします。「自動更新オーダーにデフォルトユーザーを設定する」を参照してください。

関連トピック