自動ドメイン名の利用権確認チェック

DNS TXT, DNS CNAME、および HTTP 実際的実証/ファイル DCV 方法の DCV ポーリング

自動のドメインの利用権確認 (DCV) チェック(別称 DCV ポーリング) では、DNS TXT, DNS CNAME、および HTTP 実際的実証/ファイル DCV 方法を使用したとき、各自認証チェックを実行する必要がなくなります

fileauth.txt ファイルをドメインに入れるか、ランダム値を DNS TXT または DNS CNAME レコードに追加すると、CertCentral にサインインして自身でチェックを実行する心配は不要になります。DCV チェックを自動的に実行します。ただし、必要な場合は、手動チェックをすることもできます。

DCV ポーリング

パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを提出、事前認証用にドメインを提出、またはドメイン用に DCV 方法を変更した後、DCV ポーリングがすぐに開始され、1週間実行されます。

  • 間隔 1—最初 15 分間は毎分
  • 間隔 2—1時間は5分ごと
  • 間隔 3—4時間は4分ごと
  • 間隔 4—1日は1時間ごと
  • 間隔 5—1週間は4時間ごと*

*間隔 5 以降、チェックは停止します。最初の週の終わりまでに fileauth.txt ファイルをドメインに入れないか、ランダム値を DNS TXT または DNS CNAME レコードに追加しないと、自身でチェックが必要になります。

サポート対象の DCV 方法についての詳細: