Outlook を構成し Email Security Plus 個人 ID 証明書を使用する

これらの指示にしたがって Outlook を構成し Email Security Plus 個人 ID 証明書を使用します。個人 ID 証明書をインポートした後、 Microsoft Outlook を構成して、そこからメールに署名および暗号化することができます。

  1. Outlook で、 [ファイル]をクリックします。
  2. サイドバーメニューの [ファイル]ページで、[オプション]をクリックします。
  3. サイドバーメニューの[Outlook オプション]ウインドウで、 [Trust Center]をクリックします。
  4. [Microsoft Outlook Trust Center]セクションの [Trust Center] ページで、[Trust Center 設定]をクリックします。
  5. サイドバーメニューの[Trust Center]ウインドウで、[メールセキュリティ]をクリックします。
  6. [暗号化されたメール] セクションの [メールセキュリティ] ページで、 [設定]をクリックします。
  7. 署名証明書[セキュリティ設定を変更する]ウインドウで、 ,[選択]をクリックします。
  8. [Windows セキュリティ] ウインドウで、クライアント証明書 (個人 ID) を選択し、[OK]をクリックします。
  9. 次に、暗号化証明書[セキュリティ設定を変更する]ウインドウで、,[選択]をクリックします。
  10. [Windows セキュリティ] ウインドウで、クライアント証明書 (個人 ID) を選択し、[OK]をクリックします。
  11. [セキュリティ設定を変更する]ウインドウで、[OK]をクリックします。
    メールに署名および暗号化するための個人 ID 証明書を使用する Outlook 構成に成功しました。