コードサイニング証明書を再発行するか、キーを変更する

コードサイニング証明書の再発行方法を確認する

開始する前に

Sun Java プラットフォーム向けコード署名 (CS) 証明書を再発行する場合、申請とあわせて、証明書署名申請 (CSR) を提出する必要があります。ただし、いずれのプラットフォームでも、申請に CSR を含めることはできます。

安全保護を維持するため、証明書は少なくとも 2048 ビットキーサイズを使用しなければなりません。CSR の作成についての詳細は、「CSR (証明書署名申請) を作成する」を参照してください。

CS 証明書を再発行する

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー] の順でクリックします。

  1. オーダーページで、再発行を希望するコードサイニング証明書の [オーダー番号]リンクをクリックします。

  1. 証明書操作]ドロップダウンのオーダー詳細ページで、[証明書を再発行する]を選択します。

  1. CSR を追加

    CSR を追加する]ボックスに CSR をアップロードまたは貼り付けます。

Sun Java プラットフォームは、申請とあわせて CSR の提出に必要な唯一のプラットフォームです。他のすべてのプラットフォームでは、CSR の提出は任意です。

  1. 署名ハッシュ

    ドロップダウンで、以下の証明書の署名ハッシュを選択します。SHA-256 または SHA-1.

  1. サーバープラットフォーム

    再発行済証明書での使用を希望するプラットフォームを選択します。

  1. 再発行の理由

    証明書再発行の理由を指定します。

  1. [再発行を申請する]をクリックします。

次の操作

CS 証明書再発行には承認が必要な場合があります。承認が必要な場合、組織の CS 確認済連絡先には、証明書再発行を承認する必要があることを通知するメールが送信されます。当社で承認を受け取ったら、コードサイニング証明書を再発行します。

証明書を再発行した後、お客様側ではそのインストールが必要です。「コードサイニング証明書をインストールする方法」 を参照してください。