共通の間違い:HTTP 実際的証明 DCV 方法

HTTP 実際的証明 DCV method,方法を使用して、ドメイン名の利用権を確認するため、DigiCert では、お客様に URL とトークン値を提供します。URL には以下の2つの役割があります。

  1. お客様が当社に認証を希望するドメインの FQDN (完全適格なドメイン名) が含まれていること。
  2. お客様が、生成されたランダム値の追加先となる verificationtoken.txt が探すことができるように、当社にどこを確認するかを伝えること。

ファイルチェックが失敗する理由のトラブルシューティング時に直面するもっと一般的な問題をいくつかを挙げると、以下のとおりです。HTTP 実際的証明 DCV プロセスは、未承認の個人が実際は管理していないドメイン、すなわち、今お客様がお使いのもので認証を受けたり、証明書を取得したりするのに、そのような未承認の個人が管理するドメインを使用するのを防止することを目的に設計されています。