verificationtoken.txt を別のドメインまたはサブドメインに入れないでください

yourdomain.com のドメイン名の利用権確認を完了するには、認証を希望する正しいドメイン(その URL を当社が生成するもの)に verificationtoken.txt ファイルを入れます。当社のランダムトークンを探すために、別のドメインまたはサブドメインをみることはありません。当社が確認するのは、お客様が認証を希望するドメインのみ、すなわち、証明書オーダーのドメインです。

例えば、[yourdomain].com を認証し、その SSL/TLS 証明書の取得ができるようにするには、このドメインの URL – http://[yourdomain.com]/.well-known/pki-validation/verificationtoken.txt を作成します。verificationtoken.txt ファイルを sub.[yourdomain].com に配置したり、あるいは URL を修正したり、および[yourotherdomain].com に配置したりはしません -- それでは作動しません。当社が探すのはこれらのドメインの verificationtoken.txt ファイルではありません – [yourdomain].com

yourdomain.com および www.yourdomain.com にあるもののみです。

お客様が www.[yourdomain].com と[yourdomain].com の認証を希望する場合は、verificationtoken.txt ファイルを[yourdomain].comこれで [yourdomain].com と www.[yourdomain].com当社では、verificationtoken.txt ファイルを探すため www.yourdomain.com をみることはありません。

無料のベースドメイン SAN

無料のベースドメイン SAN をお持ちの SSL/TLS 証明書で受け取った場合、ベースドメインに verificationtoken.txt ファイルを配置していることを確認します。当社は、SSL/TLS 証明書オーダーでドメインを認証する必要があります。