DNS TXT DCV 方法を使用する

これらの指示にしたがって、DV 証明書オーダーのステータスをチェックし、DNS TXT DCV 方法を使用して、オーダーのドメイン名の利用権を確認します。

この認証方法では、DigiCert 生成のランダム値 (CertCentral アカウントでドメインに提供) を含む DNS TXT レコードを作成することで、お使いのドメイン名の利用権を確認することができます。

レコードの作成後、DigiCert は、お使いのランダム値を確認するため、ドメインの DNS TXT レコードに検索します。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  1. [オーダー] ページで、フィルターと詳細検索機能を使用して、保留中の DV 証明書オーダーを探します。

  1. 保留中の証明書オーダーの[オーダー #]行で、[オーダー番号] リンクをクリックします。

  1. [オーダーステータス]セクションの[オーダー#詳細]ページで、オーダーの認証ステータスをチェックします(オーダーはドメイン認証の完了待ちですか?)。

  1. [操作が必要]下で、[ドメイン名の利用権を確認する] リンクをクリックします。

  1. [DCV 確認方法] ドロップダウンリストの[ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、[DNS TXT (推奨)]を選択します。

  1. [ドメインに DNS TXT レコードを作成する]

    オーダーに複数のドメインが含まれている場合は、チェックを実行する前に、そのオーダーの各ドメインについて DNS TXT レコードを作成します。

    1. [このランダム値をコピーして TXT に貼り付ける]ボックスで、ランダム値をコピーします。
      オーダーに複数のドメインが含まれているばあは、このランダム値を各ドメインの DNS TXT レコードに追加します。
      注意:ランダム値は30日後に有効期限が切れます。
    2. DNS プロバイダーのサイトに移動し、新しい TXT レコードを作成します。
    3. [TXT 値]フィールドに、お使いの CertCentral アカウントからコピーしたランダム値を入力します。
    4. [ホスト]フィールド
      1. ベースドメイン (例えば、[yourdomain].com)
        ベースドメインを認証しますか?ホストフィールドを空白のままにするか、@ 記号を追加します (お使いの DNS プロバイダー要件によって異なる)。
      2. サブドメイン (例えば、[your.domain].com)
        サブドメインを認証しますか?[ホスト]フィールドで、認証するサブドメインを追加します。
    5. 申請したレコードタイプ (または同等のもの)で、[TXT]を選択します。
    6. Time-to-Live (TTL) 値を選択するか、DNS プロバイダーのデフォルト値を使用します。
    7. レコードを保存します。

オーダーに複数のドメインが含まれていますか?チェックを実行する前に、はじめに、オーダーの各ドメインについて DNS TXT レコードを作成します。ドメインに DigiCert 提供のランダム値を含む DNS TXT レコードがない場合、“チェック” は失敗します。

  1. DNS TXT レコードを確認する

    1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。
    2. DV 証明書オーダーの[オーダー #]行の[オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。
    3. [操作が必要]下の[オーダーステータス]セクション、[オーダー# 詳細]ページで、[ドメイン名の利用権を確認する] リンクをクリックします。
    4. [ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、 [チェック]をクリックします。
  1. おめでとうございます!ドメインのドメイン認証が完了しました。