ファイル DCV 方法を使用する

これらの指示にしたがって、DV 証明書オーダーのステータスをチェックし、ファイル DCV 方法を使用して、オーダーのドメイン名の利用権を確認します。

ファイル DCV 方法では、DigiCert 生成のランダム値 (CertCentral アカウントでドメインに提供) を含む .txt レコードをホスティングすることで、お使いのドメイン名の利用権を確認することができます。

ファイルを作成してお使いのサイトに配置したら、DigiCert が、指定の URL を閲覧しランダム値の有無を確認します。もっと一般的な間違いのいくつかを回避するように確認してください -- ファイル DCV 方法の一般的な間違い.

  1. サイドバーメニューで、[証明書] >[オーダー]の順にクリックします。

  1. [オーダー] ページで、フィルターと詳細検索機能を使用して、保留中の DV 証明書オーダーを探します。

  1. 保留中の証明書オーダーの[オーダー #]列で、[オーダー番号] リンクをクリックします。

  1. [オーダーステータス]セクションの[オーダー#詳細]ページで、オーダーの認証ステータスをチェックします(オーダーはドメイン認証の完了待ちですか?)。

  1. [操作が必要]下で、[ドメイン名の利用権を確認する] リンクをクリックします。

  1. [DCV 確認方法] ドロップダウンリストの[ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、[ファイル]を選択します。

  1. fileauth.txt ファイルをダウンロードする

    [fileauth.txt をダウンロードする] リンクをクリックします。

    オーダーに複数のドメインが含まれている場合は、証明書オーダーの各ドメインについて、この fileauth.txt ファイルを使用します。

fileauth.txt ファイルのランダム値は、30日後に有効期限が切れます。

  1. サイトに[yourdomain.com]/.well-known/pki-validation/ ディレクトリを作成する

    お使いのサイトに .well-known/pki-validation/ ディレクトリを作成し、そこに fileauth.txt ファイルを配置します。ファイルは以下のサイトで利用できるようにする必要があります。 [yourdomain]/.well-known/pki-validation/fileauth.txt

Windows ベースサーバー:.well-known フォルダは、コマンドライン (mkdir .well-known) で作成する必要があります。

オーダーに複数のドメインが含まれていますか?ドメインに .well-known/pki-validation/ ディレクトリを作成し、チェックを実行する前に、はじめに、指定された場所に fileauth.txt ファイルを配置します。ドメインに DigiCert 提供のランダム値を含む fileauth.txt ファイルがない場合、"チェック” は失敗します。

  1. fileauth.txt ファイルを確認する

    1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。
    2. DV 証明書オーダーの[オーダー #]行の[オーダー番号] ページで、[オーダー番号]リンクをクリックします。
    3. [操作が必要]下の[オーダーステータス]セクション、[オーダー# 詳細]ページで、[ドメイン名の利用権を確認する] リンクをクリックします。
    4. [ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、 [チェック]をクリックします。
  1. おめでとうございます!このドメインのドメイン認証が完了しました。