メール DCV 方法を使用する

これらの指示にしたがって、DV 証明書オーダーのステータスをチェックし、DCV メールを送信または再送します。

DV 証明書のオーダー時、DCV 方法としてメールを選択した場合、DigiCert はすでに確認メールを送信済みです。DCV メールを再送する前に、受信ボックスと迷惑/スパムフォルダに以下の件名でメールがないかを必ず、チェックしてください [要対応]以下の証明書申請を承認する [yourdomain]{オーダー番号}を検証するリクエストを受け取りました。

メール確認方法では、DCV メールを2通セット送信します。WHOIS ベースおよび構築 (「ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください)。

ドメイン名の利用権を確認するには、メール受取人は、ドメイン宛に送信された確認メールの指示に従います。確認プロセスは、メールに記載されたリンク先に移動することと、そのページに記載された指示に従うことで構成されています。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  1. [オーダー] ページで、フィルターと詳細検索機能を使用して、保留中の DV 証明書オーダーを探します。

  1. 保留中の証明書オーダーの[オーダー #]行で、[オーダー番号] リンクをクリックします。

  1. [オーダーステータス]セクションの[オーダー#詳細]ページで、オーダーの認証ステータスをチェックします(オーダーはドメイン認証の完了待ちですか?)。

  1. [操作が必要]下で、[ドメイン名の利用権を確認する] リンクをクリックします。

  1. [ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、以下のステップを完了して DCV 確認メールを再送します。

    1. [DCV 確認方法] ドロップダウンリストで、 [メール]を選択します。
    2. [認証メール送信先] ドロップダウンリストで、DCV メールの送信先のメールアドレスを選択します。
      オーダー中の複数ドメイン:
      1. [ドメイン認証の完了が必要]… ボックスで、[各ドメインのメール受取人を変更する] リンクをクリックします。
      2. [認証メール送信先]下の[ドメイン名の利用権を確認する]ウインドウで、各ドメインについて DCV メールの送信先を選択します。
        注意:DCV メールを WHOIS レコードで見つかったすべてのメールアドレスに、およびドメインの構築メールに再送/送信するには、ドメインにメールを選択しないでください。[メールを再送する]をクリックすると、,当社より、ドメインで確認されたメールアドレスすべてにメールを送信します。
      3. [完了]をクリックします。
    3. [メール表示言語]ドロップダウンリストで、メールの言語を選択します。
    4. [メール詳細]セクションで、送信するメールの件名とオーダー#を記憶します。.
      重要:メールの件名にあるオーダー# は実際、証明書 ID です。[オーダー詳細]セクションの[オーダー#]詳細ページで、[証明書 ID] は DCV 方法と申請済の横にあります。
    5. [メールを再送する]をクリックします。
  1. メールを探すには、以下の受信ボックスを検索します。

    1. 件名のあるメール [要対応]以下の証明書申請を承認する[yourdomain]{オーダー番号}
    2. オーダーで認証を試みるドメイン名のあるメール。

迷惑/スパムメールホルダのチェックも必要な場合があります。

  1. 必要な場合は、戻って DCV メールを再送します。