RapidSSL Standard DV 証明書を再発行する

これらの指示にしたがって、RapidSSL Standard DV 証明書を再発行します。

再発行オーダーの完了には、証明書署名申請 (CSR) が必要です。

  1. 証明書署名申請を作成する
    安全保護を維持するには、証明書は少なくとも 2048 ビットキーサイズを使用しなければなりません。CSR の作成にサポートが必要ですか?「CSR (証明書署名申請) を作成する」を参照してください。

  2. サイドバーメニューで、[証明書] >[オーダー]の順にクリックします。

  3. オーダーページで、ドロップダウンリスト、検索ボックス、詳細検索機能 ([詳細検索を表示する]リンク) および列ヘッダを使用して、再発行が必要な RapidSSL DV 証明書を探します。

  4. 証明書オーダー# 列で、証明書の [クイックビュー] リンクをクリックします。

  5. オーダー詳細ペイン (ページの右側) で、[証明書を再発行する] リンクをクリックします。

  6. CSR を追加する
    CSR に含まれるコモンネームを取り、[コモンネーム]フィールドに追加します。

    [オーダーの証明書を再発行する]ページで、下のオプションの1つを使用して CSR を追加します。

    1. CSR をクリックしてアップロードする
      リンクをクリックして CSR ファイルを [CSR を追加する] ボックスにアップロードします。
    2. CSR を貼り付ける
      テキストエディタを使用して、CSR ファイルを開きます。次に、-----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST----------END NEW CERTIFICATE REQUEST----- タグを含む、テキストをコピーし、[CSR を追加する」 ボックスに貼り付けます。
  7. コモンネーム
    CSR に含まれるコモンネームを取り、[コモンネーム]フィールドに追加します。

    コモンネームを追加または変更するには、この DV 証明書を安全保護するためのドメインを手動で入力します。

RapidSSL Standard DV 証明書の再発行時にコモンネームを変更すると、元の証明書と前の再発行は自動的に失効になります。

  1. 署名ハッシュ

    SHA-256 は、DV 証明書で利用できる唯一の署名ハッシュです。

  2. DCV 方法を選択してお使いのドメイン管理を証明します

    DigiCert によるお使いの DV 証明書の再発行が可能になる前に、証明書オーダーのドメイン管理を証明しなければなりません。利用可能な DCV 方法についての詳細は、[ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法]を参照してください。

    [DCV 確認方法] ドロップダウンリストで、証明書オーダーのドメイン名の利用権を確認するのに使用する DCV 方法を選択します。

    • DNS TXT (推奨)
      DNS TXT DCV 方法では、ランダムに生成された値を含む DNS TXT レコードを作成することで、オーダーのドメイン名の利用権を確認することができます。
    • メール
      メール DCV 方法では、ドメイン向けに送信された確認メールに記載の指示にしたがって、メール受取人がドメイン名の利用権を確認することができます。
    • ファイル
      ファイル DCV 方法では、ウェブサイトの事前規定の場所でランダムに生成された値を含む fileauth.txt ファイルをホスティングすることで、ドメイン名の利用権を確認することができます。

再発行オーダーを提出した後、必要な場合、[証明書のオーダー # 詳細]ページから DCV 方法を変更することができます。(サイドバーメニューで、[証明書 >オーダー]をクリックします。DV 証明書のオーダー # 行の[オーダー]ページでオーダー番号をクリックします。)

  1. DCV メールの言語を選択する

    [DCV メール言語] ドロップダウンリストで、送信先の DCV 認証メールを送信する言語を選択します。

    このドロップダウンリストが表示されるのは、 [メール] を DCV 方法として選択した場合にのみですので、注意してください。

  2. 再発行理由
    管理者のみが確認できる再発行理由を追加します。

これらのコメントは証明書には含まれません。

  1. 終了したら、[再発行を申請する]をクリックします。