DV 証明書の更新

業界基準の変更:2 年パブリック SSL/TLS 証明書の終了

2020年8月27日 午後 6:00 MDT (8月28日 午前 00:00 UTC),DigiCert は、最長有効期間が 397 日以上のパブリック DV、OV、および EV SSL/TLS 証明書の発行を停止しました。この変更は、早期証明書更新に影響を及ぼす可能性があります。

証明書オーダーは、有効期限が切れる 90 日から 1 日前までに更新することもできます。更新する場合、DigiCert は、更新した証明書にできるかぎり多くの残りの有効期間を転送し、新しい 397 日の最長証明書有効期間を延長することはありません。証明書に直接転送できない有効期間はいずれも、お持ちのオーダーに転送されます。詳細は、「2 年 DV、OV、および EV パブリック SSL/TLS 証明書終了」 を参照してください。

DV 証明書の更新は簡単です。更新が必要な証明書を特定し、新しい CSR を作成し、続いて、証明書の更新フォームに記入して更新要求を提出します。

DV 証明書は、ドメイン事前認証をサポートしていません。DV 証明書を更新する場合、更新オーダーでドメイン名の利用権を確認しなければなりません。

手順