DV 証明書失効の申請を提出する

これらの指示にしたがって、DV 証明書を失効にする申請を提出します。

DigiCert による証明書の失効が可能になる前に、はじめにアカウント管理者はその失効申請を承認しなければなりません。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  2. オーダーページで、ドロップダウンリスト、検索ボックス、詳細検索機能 ([詳細検索を表示する]リンク) および行ヘッダを使用して、証明書リストをフィルタリングします。

  3. オーダー # 行で、失効にする DV 証明書の [クイックビュー] をクリックします。

  4. オーダー番号詳細ペイン (右側) で、[証明書を失効にする] リンクをクリックします。

  5. [失効の理由] ボックスの[オーダー用証明書を失効にする申請]ページで、この証明書(例.証明書がもう必要ない)が失効にした理由に関する情報を記入します。

  6. [失効を申請する]をクリックします。

    アカウント管理者が申請を承認した後、DigiCert は DV 証明書を失効にします。