証明書オーダーにユーザーアクセスを付与する

開始する前に

制限付きアクセスのユーザーの権限(ロール)を変更する代わりに、個別オーダーまたは発行済証明書にユーザーアクセスを付与します。

注意:"制限付き" ユーザーロールでは、オーダーした証明書が表示されるのみです。"制限" 管理者、マネージャ、財務マネージャ、または標準ユーザーのオーダー管理を許可するため、管理グループに追加することができます (「1.1 無制限 対 制限」を参照)。

証明書オーダーにユーザーアクセスを付与する

証明書オーダーが有効な場合は、ユーザーを追加することができます。

  1. サイドバーメニューで、[証明書] >[オーダー]の順にクリックします。

  2. [オーダー] ページで、ドロップダウンリスト、検索ボックス、および列ヘッダと詳細検索機能を使用して、制限付きユーザーアクセスを付与するオーダーを探します。

  3. [オーダー#] 列で、追加ユーザーアクセスを追加する証明書オーダーの [クイックビュー] リンクをクリックします。

  4. [ユーザーアクセス] 下、[オーダー詳細] セクションの [オーダー#]で、,[追加アクセスを付与する] リンクをクリックします。

  5. ドロップダウンリストで、証明書オーダーへのアクセスを可能にする制限付きユーザーを選択します。

  6. [保存]をクリックします。

証明書申請への制限付きユーザーアクセスを付与する(保留中のオーダー)

証明書申請が保留中の間は、ユーザーの追加のみ可能です。オーダーが発行されたら、制限付きユーザーは、証明書オーダーにアクセスする権限を有し、証明書をダウンロードし、証明書を更新、および他の証明書関連操作を実行することができます。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] > [申請]の順でクリックします。

  2. [申請] ページで、ドロップダウンリスト、検索ボックス、および列ヘッダと詳細検索機能を使用して、制限付きユーザーアクセスの付与が必要な申請を探します。

  3. [オーダー#] 列で、追加ユーザーアクセスの追加先の証明書申請の [オーダー番号] リンクをクリックします。

  4. [オーダー番号] 詳細ペインで、[編集] リンクをクリックします。

  5. [申請を編集する] ページで、[追加オーダーオプション]を拡張します。

  6. [オーダーを管理できる追加ユーザー] ボックスをクリックし、証明書オーダーを管理するためにアクセスが必要な制限付きユーザーを選択します。

  7. [証明書サービス契約]下で、,契約を読み、「上記の証明書サービス契約に同意する」にチェックを入れます。

  8. [証明書申請を更新する]をクリックします。