移行した証明書オーダーに更新済のマークを付ける

証明書オーダーをレガシーコンソールから移行して CertCentral で更新する場合、元のオーダーが自動更新されないため更新内容が反映されない場合があります。これらの "更新済" オーダーが、まだ更新が必要なオーダーとあわせて表示されるのを防止するため、元のオーダーのステータスを手動で更新済に変更することができます。

開始する前に

移行した証明書オーダーを更新済としてマークした場合、証明書オーダーのステータスは 更新済 に変更されます。また、証明書が有効期限間近または有効期限切れの証明書リスト、有効期限間近または有効期限切れの証明書バナーあるいは 有効期限切れ証明書 ページに表示されることはなくなります。

更新済 マークを付けた移行済オーダーを更新するには、,オーダーを前のステータスに戻す必要があります。[解除]オプション を参照してください。

移行済オーダーを更新済とマークする

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  1. 証明書オーダーの [有効期限] 列の [オーダー] ページで、[更新済にマーク] をクリックします。

証明書のオーダー詳細パネル ([クイックビュー] をクリック)、証明書のオーダー詳細ページ (証明書のオーダー番号をクリック)、および [有効期限間近の証明書] ページ (左メインメニューの [証明書] >[有効期限間近の証明書] の順に移動) から、で証明書に更新済としてマークを付けることもできます

次の操作

証明書のステータスが 更新済 に変更されます。証明書は、有効期限間近または有効期限切れ証明書リスト、有効期限間近または有効期限切れ証明書バナー、および [有効期限切れ証明書] ページから削除されます。

更新済マークが付いた証明書のリストを参照してください

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  1. [ステータス] ドロップダウンの [オーダー] ページで、[更新済] を選択し、[進む] をクリックします。

解除オプション

元の移行済証明書オーダーを前の状態に戻す場合、有効期限間近または有効期限義江証明書リスト、有効期限間近または有効期限切れ証明書バナー、および [有効期限間近証明書] ページに再表示されます。

  1. 左メインメニューの CertCentral で、[証明書] >[オーダー] の順に移動します。

  1. [オーダー] ページで、証明書のオーダー番号をクリックします。

  1. [オーダーステータス] 横の [オーダー詳細] の証明書のオーダー詳細ページで、,[解除] をクリックします。