ドメイン名の利用権確認 (保留中のオーダー):HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用する

HTTP 実際的照明で TLS/SSL 証明書のドメイン名の利用権を確認する

お使いの TLS/SSL 証明書オーダーのステータスをチェックし、HTTP 実際的証明 DCV 方法を使用してオーダーのドメイン名の利用権を確認します。詳細は、「ドメインの認証 (保留中のオーダー):DCV 方法」 を参照してください。

オーダープロセス中に認証用にドメインを提出しても、証明書がドメイン認証が完了するまで発行されないことになります。即時証明書発行について、可能な場合は、事前認証用にドメインを提出してください。「ドメインの事前認証:DCV 方法」 を参照してください。

HTTP 実際的照明お使いのウェブサイトの事前規定の場所でランダムに生成されたトークン値を含む .txt ファイルをホスティングすることで、ドメイン名の利用権を確認します。ファイルを作成してお使いのサイトに配置したら、DigiCert が、指定の URL を閲覧し一意のランダム値の有無を確認します。

もっと一般的な間違い:HTTP 実際的証明 DCV 方法は必ず、避けるようにしてください。

ステップ 1:保留中の証明書オーダーのステータスをチェックする

SSL/TLS 証明書のオーダー詳細ページに移動し、証明書の発行が可能になる前に、どのドメインと組織の認証を完了する必要があるかを確認します。

  1. お使いの CertCentral アカウントで、オーダーの [オーダー#] 詳細ページに移動します。

    1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順でクリックします。
    2. [オーダー#] 列の [オーダー] ページで、証明書のオーダー番号リンクをクリックします。)
  1. [認証進行中] セクションの [オーダー#] 詳細ページで、オーダーの発行ステータスをチェックします(オーダーはドメインまたは組織認証の完了待ちですか?)。

認証が完了した後 (ドメインと組織)、[オーダーステータス] セクションが [オーダー#] 詳細ページに表示されることはなくなります。

ステップ II:HTTP 実際的証明を使用して、ドメイン名の利用権を確認する

  1. [操作が必要]下の [オーダー#] 詳細ページで、,DCV を完了するドメインリンクをクリックします。

注意:オーダーに複数のドメインがある (SAN) が場合は、それぞれが表示されます。チェックマークが横に付いたものは、認証済です。時計アイコンが横に付いたものは、認証保留中です。

  1. DCV 方法]ドロップダウンの [ドメイン名の利用権を確認する] ウインドウで、[HTTP 実際的証明] を選択します。

  1. fileauth.txt ファイルを作成する

    1. トークン] ボックスに、一意のトークンをコピーします。.
      注意:一意のトークンは、30日後に有効期限切れとなります。新しいトークンを生成するには、[新しいトークンを生成する] リンクをクリックします。
    2. テキストエディタ (Notepad など) を開き、一意の トークンに貼り付けます。
    3. この名前の下に .txt ファイルを保存します:fileauth.txt
  1. お使いのサイトに .well-known/pki-validation ディレクトリを作成します。

Windows ベースサーバーでは、.well-known フォルダをコマンドライン (mkdir .well-known) で作成する必要があります。

  1. .well-known/pki-validation 下のサイトに fileauth.txt ファイルを入れます。

    URL は次のようになります。

    http://[yourdomain]/.well-known/pki-validation/fileauth.txt

  1. HTTP トークンを確認する

    1. お使いの CertCentral アカウントで、オーダーの [オーダー#] 詳細ページに進みます。
      1. 左メインメニューで、[証明書] >[ドメイン]の順でクリックします。
      2. [オーダー#] 列の [オーダー] ページで、証明書のオーダー番号リンクをクリックします。)
    2. [必要な操作]下にある[認証進捗中] セクションの[オーダー #] 詳細ページで、,ドメインリンクを探してクリックします。
    3. [ドメイン名の利用権を確認する] ウインドウ(「2.HTTP トークンをチェックする,[チェック]をクリックします。