ドメイン名の利用権確認 (保留中のオーダー):確認メール DCV 方法を使用する

これらの指示にしたがって、はじめに、お使いの TLS/SSL 証明書オーダーのステータスをチェックし、メール DCV 方法を使用してオーダーのドメイン管理を証明します。

オーダープロセス中に認証用にドメインを提出しても、証明書がドメイン認証が完了するまで発行されないことになります。証明書の即時発行するとき、可能な場合は、事前認証用にドメインを提出してください。

このメール認証方法では、DigiCert は2通の DCV メールをセットで送信します。それが WHOIS ベースと構築です。ドメイン名の利用権を確認するには、メール受取人は、ドメイン宛に送信された確認メールの指示に従います。確認プロセスは、メールに記載されたリンク先に移動することと、そのページに記載された指示に従うことで構成されています。

ステップ 1:保留中のオーダーのステータスをチェックする

TLS/SSL 証明書を発行した後、その証明書の [オーダー#] 詳細ページを閲覧し、その認証ステータスを確認します。オーダーが、発行可能になる前に、ドメインまたは組織認証の完了待ちかどうかを確認することもできます。

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[オーダー]の順でクリックします。

  2. [オーダー] ページで、フィルターと詳細検索機能を使用して、表示する証明書オーダーを探します。

  3. 証明書オーダーの [オーダー#] 列で、オーダー番号リンクをクリックします。

  4. [オーダーステータス]セクションの [オーダー#] 詳細ページで、オーダーの認証ステータスをチェックできます (例えば、オーダーはドメインで待機中ですか、あるいは組織認証の完了を待機中ですか?など)。

注意:認証が完了した後 (ドメインと組織)、[オーダーステータス] セクションが [オーダー#] 詳細ページに表示されることはなくなります。

ステップ 2:DCV メールを送信する

  1. [必要な操作]下にある[オーダーステータス] セクションの[オーダー #] 詳細ページで、,ドメインの保留中の認証を探し、ドメインリンクをクリックします。

注意:オーダーに複数のドメインがある (SAN) が場合は、それぞれが表示されます。チェックマークが横に付いたものは、認証済です。時計アイコンが横に付いたものは、認証保留中です。

  1. [DCV 方法] ドロップダウンリストの [ドメイン名の利用権を確認する] ウインドウで、[確認メール].を選択します。

  2. お使いのドメインの WHOIS レコード および MX レコードを探し、当社より DCV メールを、見つかった/確認済アドレスに送信します。

  3. メールを探すには、受信ボックスで validation@digicert.com からのメールを、認証しようとしているドメイン名を探します。迷惑メール/スパムメールフォルダーのチェックも必要ですので、注意してください。

  4. 必要な場合は、戻って DCV メールを再送することができます。