事前認証用の組織を提出する

開始前に

組織を追加した後、,認証のために提出して、個別タイプの証明書について認証を受けます。SSL 証明書をオーダーする場合、この認証を使用することで、ドメイン品証プロセスの組織側がすでに完了しているためドメイン認証を早めることができます。

認証用の組織を提出する

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[証明書] >[組織]の順でクリックします。

  2. [組織] ページで、ドロップダウンリスト、検索ボックスおよび行ヘッダを使用して、組織のリストをフィルタリングします。

  3. 認証用に提出する祖気をのリンクをクリックし、証明書の認証を行います。

  4. [認証用に組織を提出する] セクションの[組織の情報]ページで、DigiCert での認証を希望する認証タイプ(証明書)を選択します。

    • OV - 通常組織認証
    • EV - 拡張組織認証 (EV)
    • Private SSL - DigiCert Private SSL 証明書
    • CS - コード署名組織認証*
    • EV CS - コード署名組織の拡張認証 (EV CS)
    • DS – ドキュメント署名認証
  5. 確認済連絡先 (EV / EV CS と CS) を追加する

    選択した組織認証に確認済ユーザーが必要ない場合は、ステップ 7 にスキップします。

    EV TLS/SSL、コード署名用オーダー、および EV コード署名証明書オーダーを提出する場合、組織認証プロセスの一部として "確認済" 連絡先に連絡しなければなりません。ただし、当社より確認済連絡先への連絡が取れる前に、はじめに、同連絡先の認証をしなければなりません。

    組織の事前認証プロセス中、事前認証する組織の確認済連絡先を提出することもできます。これにより、EV TLS/SSL、コード署名、および EV コード署名証明書の証明書発行プロセスが短縮されます。連絡先の認証が完了しているため、当社では連絡先に連絡してオーダー承認を取得するだけです。

    • EV - 拡張組織認証 (EV) を選択した場合,EV 確認済連絡先として指定される組織連絡先を選択しなければなりません。
    • EV CS - コード組織拡張認証 (EV CS) を選択した場合,EV CS 確認済連絡先として指定される組織連絡先を選択しなければなりません。
    • CS - コード署名組織認証 を選択した場合,CS 確認済連絡先として指定される組織連絡先を選択しなければなりません。

    EV/EV CS 確認済ユーザーのみ、拡張認証 (EV) および EV コード署名証明書申請を承認することができます。CS 確認済ユーザーのみ、コード署名証明書申請を承認することができます。

    機能に関する注意:

    「DigiCert 以外のユーザーを確認済連絡先として使用することを許可する」 機能 (「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡先としての追加を有効にする」 を参照) を有効にした場合、 既存の連絡先新しい連絡先.既存の連絡先オプションで、お客様は CertCentral ユーザーを確認済 EV 連絡先として割り当てることができます。新しい連絡先 オプションで、お客様は CertCentral 以外のアカウントユーザーの情報を入力することができます。オプション 1 または 2 を使用します。

    この機能を有効にしないと、オプションはいずれも表示されません。アカウントユーザーを確認済 EV 連絡先として追加できることのみ可能です。オプション 1 を使用します。

    EV、CS、および EV CS 確認済連絡先を追加するには、下のオプションの1つを完了します。複数の確認済連絡先の追加が可能ですので、注意してください。

    オプション 1:既存の CertCentral アカウントユーザーを確認済連絡先として追加する

    1. [組織連絡先],下で、[連絡先を追加する] リンクをクリックします。
    2. [連絡先を追加する] ウインドウで、[既存の連絡先]を選択します。
      [連絡先]ドロップダウンリストで、確認済連絡先を選択します。
      選択した連絡先に、役職 または 電話 番号が抜けていますか?抜けている情報を追加する必要があります。例えば、連絡先に役職が記載されていても、電話番号がない場合は、電話番号のみ記入する必要があります。既存の連絡先に 役職 および/または 電話番号 を追加すると、ユーザープロフィールが新しい情報とあわせて更新されます。
      1. [役職] ボックスに、連絡先の役職を入力します。
      2. 電話 ボックスに、連絡先の電話番号 (および 内線) を入力します。
    3. [追加]をクリックします。
    4. 別の確認済連絡先を追加するには、[連絡先を追加する] リンクをクリックします。

    オプション 2:CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として追加する

    デフォルトでは、「CertCentral 以外のアカウントユーザーの確認済連絡機としての使用を許可する」 機能は、CertCentral アカウントについて無効になっています。この機能は、[管理グループ環境設定] ページ ([設定] >[環境設定]) で有効にすることができます。「CertCentral 以外のアカウントユーザーを確認済連絡先として有効にする」を参照してください。

    1. [組織連絡先]下で、,[連絡先を追加する] リンクをクリックします。
    2. [連絡先を追加する] ウインドウで、[既存の連絡先]を選択します。
    3. 連絡先の ,,および 役職を追加します。
    4. 次に、証明書オーダーの確認のため、連絡先と連絡が取れるメールアドレス電話番号 を追加します。
    5. 終了したら、[追加]をクリックします。
    6. 別の確認済連絡先を追加するには、[連絡先を追加する]リンク をクリックします。
  6. 確認済連絡先を追加した後、承認できる証明書のタイプを追加(チェック)および削除(チェック解除)することができます (EV / EV CS または CS)。

証明書タイプについて確認済連絡先として連絡先を提出した後 (EV/EV CS または CS)すると、その後で削除することはできません。

  1. 終了したら、[認証用に提出する]をクリックします。