ドメインを追加、証明書用にドメインを認証し、確認メールを DCV 方法として使用する

Demonstrate control over your domain with verification email

開始前に

認証に関する注意:TLS/SSL 認証用にドメインの事前認証が可能になる前に、はじめに、事前認証する組織を提出しなければなりません。また、ドメインを OV、EV、および/または Private SSL 証明書に使用する場合、認証タイプと一致するものについて、組織を提出しなければなりません。

ドメイン名の利用権を確認するには、メール受取人は、ドメイン宛に送信された確認メールの指示に従います。確認プロセスは、メールに記載されたリンク先に移動することと、そのページに記載された指示に従うことで構成されています。「ドメイン事前認証:ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」を参照してください。

ドメインを追加、証明書用にドメインを認証し、確認メールを DCV 方法として使用する

  1. サイドバーメニューの CertCentral アカウントで、[証明書] > [ドメイン]の順でクリックします。

  2. [ドメイン] ページで、[新しいドメイン]をクリックします。

  3. [ドメイン詳細] 下の [新しいドメイン]ページで、,以下の情報を入力します。

    1. ドメイン名
      証明書が安全保護するドメイン名を入力します (例えば、yourdomain.com)。
    2. 組織
      ドロップダウンリストで、ドメインの割当先の組織を選択します。
  4. [このドメインの認証をする]下で、,認証を受けるドメインの認証タイプにチェックを入れます。

    1. OV - 通常組織認証
      このドメイン用に Standard SSL、セキュア サーバーID SSL、Wildcard SSL、セキュア サーバーID Wildcard SSL、Multi-Domain SSL、およびセキュア サーバーID Multi-Domain SSL 証明書をオーダーできるように、このオプションを使用します。
    2. EV - 拡張組織認証 (EV)
      このドメイン用に EV SSL、セキュア サーバーID EV SSL、EV Multi-Domain SSL、およびセキュア サーバーID EV Multi-Domain SSL 証明書をオーダーできるように、このオプション使用します。
    3. Private SSL - DigiCert Private SSL 証明書
      このドメイン用に Private SSL 証明書をおd-あーできるように、このオプションを使用します。
  5. 「ドメイン名の利用権確認 (DCV) 方法」下で、[確認メール]を選択します。
    ドメイン名の利用権を確認するには、メール受取人は、ドメイン宛に送信された確認メールの指示に従います。

  6. 終了したら、[認証用に提出する]をクリックします。

次の操作

これにより、DigiCert は、2つのセットの DCV メールを送信します。それが WHOIS ベースと構築です。