証明書失効申請を承認(または拒否)する

これらの指示にしたがって、証明書の失効を承認 (または拒否) および申請します。

証明書が失効になったら、プロセスを元に戻すことはできません。公開サイトで使用される失効 SSL/TLS 証明書は、信頼に関する警告が表示され、ユーザーが同サイトにアクセスするのを防止します。

SSL/TLS 証明書を失効にする申請の提出後、管理者は、失効申請を承認しなければなりません。申請が承認されたら、DigiCert は発行済証明書を失効にすることができます。

  1. CertCentral アカウントで、[申請] ページに移動します。

    サイドバーメニューで、 [証明書 >申請]をクリックします。

  1. [ステータス] ドロップダウンの申請ページで、[保留中]を選択します。,[タイプ] ドロップダウンで、 [失効]を選択し、,続いて [進む] をクリックすると、管理者承認が必要な証明書申請のみが確認できます。

  1. [オーダー#]行で、失効にする証明書のオーダー番号リンクをクリックします。

  1. オーダー詳細ペイン (右側) で、[承認する]をクリックします。

証明書を本当に失効するかが確かではないかぎり、[申請を承認する] ウインドウで、 [承認する] をクリックしないでください。失効は元に戻すことはできません。この証明書を使用したサイトには、ユーザーが同サイトにアクセスしようとしたときに、信頼に関する警告が表示されます。

  1. [承認コメント] ボックスの[申請を承認する] ウインドウで、証明書失効についてのコメントを追加し、[承認する]をクリックします。

  1. これで、DigiCert が SSL/TLS 証明書を失効にします。