SAML 証明書申請をオフにする

SAML 証明書申請フェデレーションせってを消去する

必要な場合、CertCentral アカウントの SAML 証明書申請をオフにすることができます。

SAML 証明書申請をオフにします。

  • すべての証明書申請フェデレーション設定を消去します。
  • SAML 証明書申請 URL を無効にします。
  • SAML ユーザーが、以下の操作が可能な SAML 証明書申請アカウントにアクセスすることを無効にします。
    • 新しいクライアント証明書を申請する
    • クライアント証明書のコピーをダウンロードする
    • 申請を提出してクライアント証明書を失効にする

お使いのアカウントについて SAML 証明書申請を構成した場合(オンにした)、「SAML 証明書申請をオフにして設定を消去する」 のみが表示されます。

フェデレーション設定を消去

  1. サイドバーメニューのお使いの CertCentral アカウントで、[設定] > [SAML 証明書申請]の順でクリックします。

  1. [SAML 証明書申請]ページで [フェデレーション設定を編集する]をクリックします。

  1. フェデレーション設定ページで、「SAML 証明書申請をオフにして設定を消去する」 をクリックします。

  1. 「SAML 証明書申請をオフにして設定を消去する」 ウインドウで、情報を読み、フェデレーション設定消去の意味を理解したことを確認します。

フェデレーション設定を保存していません。フェデレーション設定を消去すると、元に戻すことはできません。

  1. 準備ができたら、「SAML 証明書申請をオフにして設定を消去する」 をクリックします。

次の操作

お使いのアカウントでは、SAML 証明書申請はオフになっています。SAML 証明書申請の URL はもう使用できません。ユーザーは SAML 証明書申請アカウントにアクセスできなくなります。新しいクライアント証明書を取得、申請を作成してクライアントなどを失効にするには、ユーザーは CertCentral アカウント管理者またはマネージャに連絡する必要があります。

SAML 証明書申請をオンにするか復元する