CWS センサを CertCentral クラウドサービスに再ポイントする

CWS Discovery のアップグレード中に自動再ポイントに失敗した場合

CWS センサーとスキャン設定を to CertCentral Discovery にインポートする場合、当社ではお客様のセンサーを再構成し、CWS ではなく、CertCentral クラウドサービスと通信します。

センサーを再ポイントできない稀なケースでは、お客様がセンサーインストールディレクトリにアクセスできる場合、お客様自身で簡単にできます。

CWS センサーを手動で再ポイントする

  1. センサー再ポイントパッケージを取得する:

  2. お使いのネットワークでセンサーが CertCentral クラウドサービスと通信ができる ことを確認します。

  3. パッケージコンテンツをお使いのセンサーインストールディレクトリに展開します。パッケージ内容:

    • config.properties
    • updatelicense.sh Linux 用または updatelicense.bat Windows 用
    • updatelicense.jar
  4. updatelicense.sh Linux 用または updatelicense.bat for Windows 用に実行します。

    プロセスは、お持ちのライセンスファイルにクラウドサービス URL を自動的に更新します。

  5. restart.sh ( または stop.sh 続いて start.sh) でセンサーを再起動します。