CertCentral Discovery にはどのような変更がされるのですか?

CWS と CertCentral Discovery センサ、スキャンとの違いと、Discovery の結果

CertCentral Discovery を探しはじめる場合は、CertCentral コンソールの Discovery セクションで以下のの更新と改善を探します。

センサー管理の手間が少ない

CWS センサーを移行する、または新しいセンサーをネットワークにインストールする場合、追加センサー構成は必要ありません-個別ライセンスファイルのインストールも、IP アドレス管理も新しいセンサーでは不要です。また、新しいサーバーをお使いのネットワークに追加するごとに、新しい IP アドレスへのアクセスに必要なスキャン間構成の更新が必要なだけです。

スキャンのセットアップが簡単

スキャン対象のネットワークとサーバーは、そのスキャンでのみ定義され、センサーでは定義されません。そのため、スキャン- IP アドレスと回数 — 全体を1つの場所で管理します。

ホストサーバー情報追加

CertCentral Discovery 結果では、サーバーの暗号スイートやセキュリティヘッダーなど、確認された証明書をホスティングするサーバーについてさらに詳細が確認できます。

Discovery 結果のクイックエクスポート

確認済証明書またはエンドポイントの即時 CSV ファイルをレポートの実行する必要なく取得します。

通知を削除、改善アラートシステム付き

CertCentral Discovery は、センサーとスキャン履歴の通知を送信しません- CertCentral にサインインして、Discovery 結果をチェックします。今後、当社では、センサー、スキャンまたは証明書ごとに、オンデマンドアラートを導入予定です。お客様は、受信箱に不要なイベントを入れることなく、アラートを設定することができるようになります。

クラウドベースの Disocery が間もなく利用できます

お使いの環境でセンサーをインストールする余分な間接費なく、パブリックサーバー上でスキャンを実行することができます。