アカウントデータ移行について知っておくべきこと

これで、 Symantec、GeoTrust、Thawte、または RapidSSL コンソールから新しい DigiCert® CertCentral アカウントに移行する招待状を取得しました。招待状がまだ届いていない場合は、アカウントマネージャに連絡するか、当社にお問い合わせください

新しいアカウントを有効にすると、一部のデータを既存のアカウントから自動的に移行します。また、一部のデータを移行、または手動で追加する必要があります。

データ移行はどのようなしくみですか?

お客様の既存のアカウントからデータを移行する場合、お使いのアカウントから同データを削除することはありません。逆に、お客様の既存のアカウントから情報をコピーし、新しい CertCentral アカウントに追加追加します。すなわち、データ移行ではお客様の古いアカウントからデータを取り出し、 CertCentral アカウントと同期させます。

データ移行は、古いアカウントから CertCentral への一方向のみの作業です。当社がお客様の CertCentral アカウントからデータを古いアカウントに移行させることはありません。

例えば、お客様が古いアカウントに新しい組織を追加する場合、当社はそれをお客様の CertCentral アカウントと同期させます。組織が認証されたら、当社はその組織をお客様の CertCentral アカウントに自動的に移行させます。CertCentral アカウントに新しい組織を追加する場合、当社ではそれをお客様の古いアカウントと同期させることはなく、また認証済組織をお客様の古いアカウントに移行することもありません。

今移行できるのは何ですか?

認証済組織

お客様の CertCentral へのアップグレード準備の段階で、当社は、お客様の認証済組織を現在のコンソールから CertCentral アカウントに自動移行しています。また、新しい認証済組織をお客様の古いアカウントに追加するときに、当社では同組織をお客様の CertCentral アカウントに追加しています。

認証済 OV と EV ドメイン

認証済組織 (OV) ドメインと拡張認証 (EV) ドメインは、お客様が CertCentral アカウントを有効にしたときに移行されます。

「ドメインと証明書移行について確認が必要なこと」を参照してください。

パブリック TLS/SSL 証明書

証明書は、お客様が新しい CertCentral アカウントに自動移行されません。新しいアカウントを有効にしてサインインした後、証明書をインポートします。すべての有効な TLS/SSL とコードサイニング証明書はインポートできます。

証明書はどのようにインポートするのですか?

保留中の証明書はインポートできません。ただし、レガシーアカウントで証明書要求が承認され発行された場合、CertCentral に進んでインポートします。

有効期限が切れた、失効した、および無効になった証明書はインポートできません。

CWS Discovery データ

以前の CWS Discovery スキャン結果は、CertCentral Discovery に転送されません。ただし、既存のセンサーを再ポイントして CertCentral Discovery と通信することはできます。また、お使いのセンサーとスキャン設定を CWS Discovery から CertCentral Discovery に移行させることもできます。

CertCentral Discovery は、センサーとスキャン転送後、速やかにお使いのネットワークを再度スキャンする準備は完了します!一時スキャンを実行するか、予約したスキャンを待って新しい証明書 Discovery データを CertCentral Discovery に移行します。

「CWS Discovery から CertCentral Discovery への移行はどのようにするか?」 を参照してください。

他の証明書

一部のプライベート TLS/SSL, S/Mime、および他のタイプの証明書はこの時点で移行することはできません。他の有効な証明書を新しい CertCentral アカウントに移行できるようにするには、当社にお問い合わせください

アカウント連絡先

管理者、加入者およびその他ユーザーなど、アカウント連絡先は、新しい CertCentral アカウントに転送されません。CertCentral アカウントにお客様自身が手動で追加する必要があります。

「ユーザーを管理する」 を参照してください。