Skip to main content

OTP アプリ認証への 30 日間コンピューター確認を有効にする

開始する前に

CertCentral 二要素認証機能には、有効にすると OTP 認証でコンピュータが次の 30 日間サインいンすることを確認できるオプション —30 日間このコンピュータに確認を記憶するが付いています。

このオプションを有効にすると、OTP 認証を OTP 確認コード入力を 30 日間通過することができます。3この期間が終了すると、OTP 認証は、確認コードの入力が必要となり、次の 30 日間そのコンピュータに確認を記憶させるかを決定することが求められます。

OTP アプリ認証の 30 日間コンピュータ確認を有効にする

  1. 左メインメニューのお使いの CertCentral アカウントで、設定 > 認証設定の順に進みます。

  2. 確認を記憶する下の二要素認証セクションの[認証設定]ページで、OTP ログイン中に [ディスプレイ]「コンピュータに確認を記憶させる」 チェックボックスにチェックを入れます。

  3. 設定を保存するを選択します。

次の操作

ユーザーが次回ワンタイムパスワード要件でサインインした場合、OTP コードの入力時、このコンピュータに 30 日間確認を記憶させるチェックボックスが表示されます。