Skip to main content

DV証明書をオーダーする

証明書ライフサイクルは、ユーザーがアカウントにログインし、ドメインのDV証明書を申請する時点で開始されます。申請できるのは、アカウント(つまり、ユーザーの会社/組織)に対して承認された証明書のみです。

重要

業界標準の変更:2年間有効のパブリックSSL/TLSサーバ証明書の提供終了

2020年8月27日午後6時(米国山岳部夏時間)(8月28日午前零時(協定世界時))をもって、デジサートは最大有効期限が397日を超えるパブリックDV、OV、およびEV SSL/TLSサーバ証明書の発行を停止しました。この変更の詳細については、「2年間のDV、OV、およびEVパブリックSSL/TLSサーバ証明書の終了」を参照してください。

SSL/TLSサーバ証明書のプラン期間を最大限にするには、DigiCert®複数年プランを使用して新しい証明書を購入してください。これらのプランの詳細については、「複数年プラン」を参照してください。

前提条件

DV SSL/TLSサーバ証明書のオーダーを開始する前に、セールス担当者がCertCentralアカウントでDV証明書を有効にする必要があります。その後、左側にあるメインメニューで、[設定]>[製品設定]の順に進みます。この[製品設定]ページでDV証明書製品を有効にすることができます。

アカウントの構造に応じて、ジオトラスト クイックSSLプレミアム、RapidSSL Standard DV、およびRapidSSL Wildcard DVタイプのDV証明書を申請できる場合があります。

ジオトラスト クイックSSLプレミアム

ジオトラスト クイックSSLプレミアム証明書は、1つの証明書で複数のドメイン(example.com)とワイルドカードドメイン(*.example.com)をセキュア化することを可能にします。この証明書は、クラウドサービスプロバイダーおよびホスティング企業に最適です。「ジオトラスト クイックSSLプレミアム証明書をオーダーする」を参照してください。

  • RSA 2048ビット以上の暗号化、またはECC 256ビット以上の鍵とSHA2-256署名アルゴリズムでウェブサイトを保護します。

  • コモンネームフィールドにドメインまたはワイルドカードドメインを含めます。

  • SANを追加して、1つの証明書で複数のドメインとワイルドカードをセキュア化します。注意:オーダーにSANを追加することにより、追加のコストが発生する場合があります。

  • すべての主要ブラウザとオペレーティングシステムで信頼されています。

  • TLS証明書のPCIコンプライアンス要件を超える要件を満たしています。

RapidSSL Standard DV

RSA 2048以上の暗号化、またはECC 256以上の鍵とSHA2-256署名アルゴリズムでウェブサイトを保護します。「RapidSSL Standard DV証明書をオーダーする」を参照してください。

  • 1つのドメインに対する暗号化を提供します。

  • www.example.comの購入時には、example.comも無料でセキュア化されます。

  • すべての主要ブラウザとオペレーティングシステムで信頼されています。

  • TLS証明書のPCIコンプライアンス要件を超える要件を満たしています。

RapidSSL Wildcard DV

RSA 2048ビット以上の暗号化、またはECC 256ビット以上の鍵とSHA-256署名アルゴリズムでウェブサイトを保護します。「RapidSSL Wildcard DV証明書をオーダーする」を参照してください。

  • ドメインと、すべての同レベルのサブドメイン(*.yourdomain)をセキュア化します。

  • 親ドメイン(yourdomain)もセキュア化します。

  • すべての主要ブラウザとオペレーティングシステムで信頼されています。

  • TLS証明書のPCIコンプライアンス要件を超える要件を満たしています。