Skip to main content

デジサートサイトシールをインストールする

ウェブサイトへのデジサートスマートシール、ノートンシール、Thawte、およびジオトラストサイトシールのインストールに関する情報

注記

デジサートスマートシールはいかなる種類のクッキーも設定せず、使用することもありません。

開始する前に

サイトシールをインストールする前に、これらの前提条件が満たされていることを確認してください。

  • ウェブサイトコードにアクセスでき、それを熟知していること。

  • HTMLとJavaScriptに関する基本的な知識があること。

  • サイトシールコードを持っていること。

サイトシールコード

サイトシールコードが機能するのは、SSL/TLS証明書オーダーに含まれるドメインのみです。このドメインのリストは、CertCentralアカウントにある証明書の[オーダー詳細]ページに記載されています。サイトシールコードを自分宛てにEメールで送信するときは、デジサートサイトシールEメールに有効なドメインのリストが含まれています。

警告

ID属性またはJavaScriptは変更しないでください。デジサートは、サイトシールコードをそのままの状態で使用することをお勧めします。コードの変更は自己責任で行ってください。

サイトシールコードを再インストールする

ウェブサイトへのサイトシールコードのインストール後、CertCentralアカウントから、またはCertCentral Services API統合を通じてサイトシールを変更できます。

サイトシール画像のサイズ変更などの一部の変更ではサイトシールコードを再インストールする必要はありませんが、ホバー効果を変更する場合は、ウェブサイトでそれらの変更が有効になるようにサイトシールコードを再インストールする必要があります。

ホバー効果の変更:

  • スマートシールのホバー効果を有効化または無効化する。

  • ホバー効果を有効にした状態でスマートシールを使用し、その後ノートンシールに切り替える。

サイトシールコードを取得する

  1. CertCentralアカウントの左側にあるメインメニューで、[証明書]>[オーダー]の順に進みます。

  2. [オーダー]ページの[オーダー番号]列で、証明書のオーダー番号リンクをクリックします。

  3. [オーダー番号]詳細ページで、[サイトシール]をクリックします。

  4. 証明書の[オーダー番号]詳細ページの[サイトシールをインストールしますか?]セクションで、サイトシールコードをコピーする、またはサイトシールコードを自分宛てにEメールで送信することができます。

ウェブサイトにサイトシールコードを追加する

サイトシールコードは2つのコード部分、HTMLとJavaScriptで構成されています。

HTMLコード

HTMLコードの「div」コンテナブロックは、ウェブサイトにデジサートサイトシールを表示します。ウェブページでシールを表示させる場所のページコードに、コードの「div」部分を貼り付けます。

JavaScriptコード

JavaScriptコードは、サイトシールを動作させます。例えば、このコードはページにサイトシールを表示させ、「div」コンテナブロックをスタイル化します。ページコードのスクリプト部分を、ページの任意の場所(「div」ブロックの横など)に貼り付けます。

サイトシールコードを追加する

サイトシールコードをウェブページに追加するときは、すべてのコードを一緒に設置するオプションと、HTMLコードを1つの場所に設置して、JavaScriptコードを別の場所に設置するオプションの2つのオプションがあります。

オプション1:すべてのコードを1ヵ所に設置する

コード(HTMLとJavaScriptの両方)をコピーして、HTMLドキュメントのサイトシールを表示させたいページ上の場所に貼り付けます。

オプション2:HTMLコードを1つの場所に設置して、JavaScriptコードを別の場所に設置する

  1. JavaScriptコードをコピーして、HTMLドキュメントのファイル最上部にあるHEADセクションに貼り付けます。

    重要

    デジサートは、このコードを、ウェブページ上にすでに存在する他のJavaScriptタグの下に設置することをお勧めします。

  2. HTMLコードをコピーします。その後、HTMLドキュメントのサイトシールを表示させたい場所に貼り付けます。

サイトシールをスタイル化する

HTML「div」タグ

HTML「div」タグは、サイトシールを表示させたいページ上の任意の場所に設置できます。「div」タグには標準のCSSスタイルを適用できます(STYLE属性と共に使用する、またはCLASS属性を追加してスタイルシートを使用する)。

警告

ID属性を変更しないでください。コードの変更は自己責任で行ってください。

サイトシール

サイトシールそのものは、JavaScriptで自動的にスタイル化されます。

警告

JavaScriptを変更しないでください。コードの変更は自己責任で行ってください。

サイトシール情報ページの言語を設定する

サイトシールの情報ページは、以下の言語をサポートします。

  • English(英語、デフォルト設定)

  • Español(スペイン語)

  • Deutsch(ドイツ語)

  • Français(フランス語)

  • Italiano(イタリア語)

  • 日本語

  • 한국어(韓国語)

  • Nederlands(オランダ語)

  • Português(ポルトガル語)

  • Русский(ロシア語)

  • Svenska(スウェーデン語)

  • 简体中文(簡体中国語)

  • 繁體中文(繁体中国語)

サイトシール情報ページのデフォルト言語設定を変更するには、サイトシールの"div"タグ、またはページのルート"html"要素に"lang"属性を追加します。

注記

これらの言語変更はサイトシールの情報ページのみに適用され、サイトシールの言語は変更されません。現在、サイトシールは英語のみをサポートしています。

「lang」属性の値:

  • en – 英語

  • es – スペイン語

  • de – ドイツ語

  • fr – フランス語

  • it – イタリア語

  • ja – 日本語

  • ko – 韓国語

  • nl – オランダ語

  • pt – ポルトガル語

  • ru – ロシア語

  • sv – スウェーデン語

  • zh – 簡体中国語

  • zt – 繁体中国語

「lang」属性を「div」タグに追加する

サイトシール情報ページのデフォルト言語を設定するには、サイトシールコードの「div」タグに「lang」属性を追加します。

「lang」が追加されたサイトシールコードの例

<!-- DigiCert Seal HTML -->
<!-- Place HTML on your site where the seal should appear -->
<div id="DigiCertClickID_f8wBj4Ja" lang="es"></div>

<!-- DigiCert Seal Code -->
<!-- Place with DigiCert Seal HTML or with other scripts -->
<script type="text/javascript">
	var __dcid = __dcid || [];
	__dcid.push({"cid":"DigiCertClickID_f8wBj4Ja","tag":"f8wBj4Ja"});
	(function(){var cid=document.createElement("script");cid.async=true;cid.src="//seal.digicert.com/seals/cascade/seal.min.js";var s = 
document.getElementsByTagName("script");var ls = s[(s.length - 1)];ls.parentNode.insertBefore(cid, ls.nextSibling);}());
</script>

ウェブページのルート「html」要素に「lang」属性を追加する

サイトシール情報ページのデフォルト言語を設定するには、ページのルート「html」要素に「lang」属性を追加できます。

例: <html lang="fr">

次のステップ

開発/テストドメインが証明書オーダーに含まれていなかった場合、サイトシールはそのドメインでは機能しません。サイトシールが機能するのは、証明書オーダーに含まれているドメインのみです。

注意

ウェブサイトにサイトシールコードをインストールした後でサイトシールのホバー効果を有効化または無効化した場合は、コードを再インストールして変更を有効にする必要があります。

証明書オーダーの更新

CertCentral証明書オーダーを更新しても、前回のオーダーで生成されたサイトシールコードは引き続き有効です。ウェブサイト上のコードを更新する必要はありません。

ただし、既存のオーダーの更新ではなく、新しい証明書オーダーを発注した場合は、現行のサイトシールコードが機能しなくなります。この場合、その証明書オーダーのサイトシールコードを取得して、ウェブサイトのサイトシールコードを更新する必要があります。