Skip to main content

SSL/TLSサーバ証明書を複製する

重要

業界標準の変更:2年間有効のパブリックSSL/TLSサーバ証明書の提供終了

2020年8月27日午後6時(米国山岳部夏時間)(8月28日午前零時(協定世界時))をもって、デジサートは最大有効期限が397日を超えるパブリックDV、OV、およびEV SSL/TLSサーバ証明書の発行を停止しました。

現在、2年間のパブリックSSL/TLSサーバ証明書複製の最大有効期限は397日です。これは、オーダーの有効期限が切れる前に、一部の複製された証明書の有効期限が切れることを意味します。元の証明書に含まれていた有効期限の残りを使用するには、オーダーの最後の397日間内に新しい複製証明書を申請してください。

詳細については、「2年間のDV、OV、およびEVパブリックSSL/TLSサーバ証明書の終了」を参照してください。

すべてのデジサート証明書には、無制限の無料複製発行が含まれています。複数のサーバーでセキュリティを強化し、証明書をインストールしやすくするには、新しいCSRを生成して、サーバーそれぞれに複製証明書を作成します。

複製証明書の詳細は、元の証明書と全く同じです。複製証明書では、デジサートが証明書の以前のコピーを失効させる必要は一切ありません。

複製証明書を作成する

複製証明書を取得するには、以下ののステップを実行してください。

ステップ1:CSRを生成する

SSL/TLSサーバ証明書を複製するには、新しいCSRを生成する必要があります。CSRの作成に関する詳細については、「CSR(証明書署名要求)を作成する」を参照してください。

ステップ2:アカウントにサインインする

CertCentralにサインインします。

ステップ3:複製の申請フォームに記入する

複製の申請フォームに記入し、必要に応じて証明書を変更します。

サイドバーメニューで、[証明書]>[オーダー]の順にクリックします。[オーダー]ページで、複製する必要がある証明書の[オーダー番号]をクリックします。証明書の[オーダー番号]詳細ページの[証明書アクション]ドロップダウンで、[複製を申請する]をクリックします。

ステップ4:デジサートが複製SSL/TLSサーバ証明書を発行する

承認されたら、デジサートが複製証明書を発行し、証明書の連絡先にEメールで送信します。アカウントから複製証明書をダウンロードすることもできます。「アカウントから証明書をダウンロードする」を参照してください。

ステップ5:複製SSL/TLSサーバ証明書をインストールする

新しい証明書をインストールして設定します。証明書のインストールに関する詳細については、「SSL/TLSサーバ証明書のインストールの説明と手引き」ページを参照してください。